安全なドッグフードってどのようなもの?その基準を知ろう

飼い犬はペットというよりも「家族」という意識が強いのではないでしょうか。
そんな家族の健康を守る1つの事柄に「ドッグフード」があるでしょう。
毎日のことですから、やはり安全なドッグフードを食べてもらいたいものです。
そこで、安全なドッグフードとはどのようなものなのかについて考えていきましょう。

自然に近い成分・原材料であるということ

たとえば、防腐剤や着色料などといった化学物質を含んでいないものです。
こちらにおいては人間と同じような感覚といえるでしょう。
神経質になりすぎる必要はありませんが、できれば天然成分に近いものを与えたいものです。
今では、オーガニックのドックフードの種類も増えています。

原産地について

原産地については、国内製造であるということも1つですが「ペットフードの研究が進んでいる」という原産地のものを選ぶという声も多いのです。
ペットのことをしっかりと考えられた内容成分になっていることも多いので、健康を保持しやすいかとも思います。

表示について

どこの地域の材料を使っているのか分からない・どのような製造過程か分からない。
これでは、安心して愛犬に食事を与えるのは難しいといえるでしょう。
このことから、材料の仕入先がはっきりとしているもの・飼い主が認識できるものが安全性が高いといえるでしょう。

人間でも食べられる製品

実際に人間の口に運ぶことはなくても、人間が食べられるような材料を使っているというのも1つのポイントでしょう。
廃棄物などで作られている製品以外のもののほうがやはり安全性は確保しやすいものです。

油分について

油分もまた犬にとっては大切なものではありますが、ベタつきを感じるほどのドッグフードはあまりおすすめでせきません。

安全性の高い食環境を

愛犬自身では選ぶことが出来ないドッグフード。
だからこそ、家族である人間がしっかりと選んで健康に・安全な食環境を用意するのが良いといえるでしょう。

関連記事です♪