フェレットを飼う前に知っておきたい知識

フェレットは、まるでぬいぐるみのように可愛らしく、ふわふわの体毛で手触り抜群なので、ペットとして人気があります。
ですが、猫や犬のようにメジャーではないため、その習性を知らない人も多いでしょう。
習性や飼い方を知らずに、購入してしまうのは危険です。
まずはフェレットについて、よく調べた後で、ペットとして飼いたいかどうか判断するようにしましょう。

フェレットの特徴について

フェレットはイタチ科の仲間です。イタチと言えば、自分の身を守る際に、強烈なオナラをする事で有名です。
フィレットも、そのままの状態であれば、強烈はオナラをしてしまいます。
そのため、ペットショップでは、肛門腺の手術をし、ニオイが発生しない状態で売られているのが一般的です。
ですが、あまりに価格が安いフェレットは、その手術が行われていない可能性があります。
なので、価格だけで選ばずに、信用出来るペットショップで購入するようにして下さい。

自然界のフェレットは、濃い茶色をしていますが、ペット用は、シルバーやホワイトが人気があります。
性格は、好奇心が強く、可愛がると人にも懐いてくれるので、ペット向きな性格だと言えます。
ただ、好奇心が強いため、家の中で放し飼いにすると、狭い隙間に入ってしまったり、箱の中に入ってしまうため、探すのが大変です。
また犬のようにコレクション癖もあり、自分のお気に入りの場所に隠してしまうため、部屋でモノが紛失してしまう可能性があります。
平均寿命は6~8年程度、ペットショップで購入すると、価格にはバラつきがありますが、2~10万円程度となっています。を

フェレットを飼うために必要なモノ

では次に、フェレットを飼うために必要なモノを紹介します。
フェレットは、先ほども言いましたが、好奇心旺盛な性格なので、家の中で放し飼いは危険です。
そのため基本的には、ケージを用意し、ケージの中に、トイレ、エサ、水飲み場、遊べるスペースを用意してあげましょう。

フェレットは、何を食べるの?と分からない人もいるかもしれません。
自然界のフェレットは、実は肉食系の動物です。
そのため、うさぎや鳥、ネズミなどの小動物を食べます。
しかし、ペットのエサに小動物は用意出来ませんから、ペットショップで売られているフェレット用のエサを購入するといいでしょう。

ですが習性として、肉食系なので消化吸収が早く、食事は一気に食べずに、複数回に分けて摂取します。
必要以上は食べないので、1日分の適量を、まとめて与えても問題ありません。

フェレットは、サイズも小さく、人形のように可愛らしい見た目から、ペットとして人気があります。
ですが、暑さに弱かったり、人間の風邪が感染するなど、ペットとして飼うためには、注意をしなければいけない点もあります。
生き物を飼う以上、飼い主には責任が伴います。軽い気持ちで購入せず、
ペットを飼う覚悟を持ってから、購入するようにして下さい。

関連記事です♪