猫アレルギーって克服できるの?猫アレルギー情報まとめ

猫が大好きで、猫と触れ合いたいと思っても、アレルギーがそれを邪魔してしまう場合もあります。猫アレルギーを克服したいと考えている人も多いです。猫アレルギーの原因や対策、克服方法などを見ていきましょう。

症状

はじめは何の症状も出ていなくても、猫を飼い始めてしばらく経ってから症状が出てくる人もいます。猫に近づいたり、猫を飼っている人と接触したりして、目のかゆみや充血、鼻づまりなどの症状が表れた場合には、猫アレルギーの可能性があります。はっきりさせるためにも、疑わしい場合は1度病院で診察を受けてみると良いでしょう。

猫アレルギーは猫の唾液やフケなどに含まれるセクレトグロビンやリポカリンというアレルゲンによって引き起こされます。花粉やほこりよりも小さく、運ばれやすいため、直接猫に触れていなくても症状が表れます。目のかゆみや充血、くしゃみや鼻水、咳などがあり、皮膚が腫れて痒くなったり、息苦しさを覚えたりする人もいます。

対策

最も有効な対策は、猫に近づかないことです。ですが、家で飼っていたり、飼っている友人と親しかったりすると、難しいですね。少しでも症状を和らげるには、アレルゲン物質を身の回りからできる限り排除するように努めましょう。空気清浄機の利用や、洗濯、掃除を徹底して行い、アレルゲンを付着させやすいカーペットや絨毯は使用しないか、こまめに掃除、洗濯をするようにしてください。

猫自身も、アレルゲンをまき散らさないよう、こまめにブラッシングをしたり、シャンプーをしたり、行動範囲を決めて部屋に入れないなどすると良いです。抱っこをする時には、口や鼻を近づけないようにしましょう。

薬を利用する方法もあります。市販の薬でも有効ですが、猫を家で飼っているなどの理由で、薬を常用する場合は、病院へ行き処方箋をもらった方がいいです。

克服方法

猫アレルギーであることが判明しても、病院でもらった薬をきちんと飲んだリ、身の回りを清潔にして猫との関わり方に少し気を使うなど、対策を続けることで、症状が軽減されたり、なくなったりした声も聞かれます。対策をしっかりと行ってください。

猫アレルギーの1番の解決方法は、猫に近づかないことですが、現実的に難しい場合もありますね。猫が好きな場合には特に、つらいアレルギーです。海外ではアレルギーを完全に治す治療も研究されているので、完全に克服できる日も来るかもしれません。

関連記事です♪