3つのポイントを把握することで飼い猫と仲良くなれる可能性

ペットを猫として飼っている飼い主によっては、仲良くなれなくて困っている場合もあります。猫はマイペースで、気分もコロコロ変わりやすいので飼い主によっては悪戦苦闘してしまう場合があります。そこで猫と仲良くなるには3つのポイントがあるので、解説していきます。

猫に指の匂いを嗅がせることで認識させる重要性

猫は動体視力には長けている反面、静止視力は低いという特徴を持っている動物です。そのため、近くにいかないと何か理解することができない場合があります。また動物は体の大きい生き物に対し、基本的に恐怖心を感じやすいので、注意しなくてはいけません。

そこで猫に指の匂いを嗅がせて、飼い主として認識させることがとても重要なポイントです。嗅覚にとても優れているのが猫なので、匂いを覚えてもらえばどのような人物なのか認識してもらえます。それが飼い主の場合は、すぐに確認できるのでちょっとでも仲良くできるようになります。

機敏な動きや大きな声は極力控えること

落ち着きのない動きや大きな声を頻繁に発生させてしまうと飼い猫は恐怖心を感じやすくなります。子供よりも高齢の方に懐きやすいのは、このような特性が関係しており、高齢者にとって相性抜群のペットです。

中々飼い猫が懐かない場合は、落ち着いた行動や大きな声を出せないように心掛けるだけでもだいぶ違ってきます。少しでも飼い猫にとって、安心できる環境を作ることで、信頼関係を構築でき、少しずつ懐いていくようになります。

飼い猫が喜ぶ部分を優しくなでる大切さ

猫によってそれぞれ性格が異なっており、なでることで喜ぶ部分が違っています。基本的に猫は自分で毛づくろいできない部分をなでると喜ぶケースが多いです。そのため、頭や顔の横などを優しくなでると喜んでくれます。逆にお腹は猫にとって大きな弱点なので、なでてしまうと嫌がることがあります。

飼い猫によって喜ぶ部分と嫌がる部分が違っているので、冷静に見極めなくてはいけません。そしてなでる時は、力一杯に行うのではなく、痛くないように優しくなでていけば、強固な信頼関係を作りやすいです。

色々な対策をすることで飼い猫と信頼関係を構築可能

静止視力に劣っている猫は、指の匂いを嗅がせることで飼い主を認識しやすくなり、信頼関係を構築しやすくなります。その他にも機敏な動きや大きな声を控えたり、優しく飼い猫をなでてあげれば、少しずつ飼い猫が飼い主になれていきます。

関連記事です♪